ヘリコプターの免許の種類


ヘリコプターの免許は、免許取得者の目的によって免許の種類が異なります。ここでは、ヘリコプターの免許の種類について、ご説明します。

ヘリコプターの免許の種類には、ヘリコプターの操縦を仕事とする場合の事業用操縦士の免許と、ヘリコプターを趣味で操縦する事を目的とした自家用操縦士の免許があります。事業用操縦士は、人命救助や物資輸送などあらゆる仕事があり、事業用操縦士免許を活かせる仕事はたくさんあります。雇用先は大きく分けて3つあり、海上保安庁や警察などの官庁から報道や遊覧飛行などの民間企業、新聞社や一般企業での移動手段の1つとしてヘリコプターを利用する場合の自家用運航まで、様々な仕事に就けます

プロのパイロットは、回転翼事業用操縦士と言うプロのライセンスを持っており、国土交通省による試験に合格しなければプロとしての操縦は出来ません。また、海外で取得したライセンスを国内用に書き換える事もできません。趣味で操縦する事を目的としたヘリコプターの自家用操縦士免許は、自家用ですから友達や家族を乗せてフライトをする事が可能です。自分自身の判断で操縦出来、パイロットライセンスの最も基本的なライセンスです。あくまでも個人の趣味としてフライトする為の免許ですので、この免許で官庁や企業などに就職する事は、当然出来ません。また、フライトに対して対価をもらうなど、商業を目的とした飛行が出来ないといった制限もあります。