事業用の免許の取得方法


回転翼事業用操縦士取得するには、様々な条件をクリアしなければなりません。ここではヘリコプターの操縦免許である、回転翼事業用操縦士免許の取得方法について、ご説明します。

まず、日本の基準に基づいた最低限必要となる飛行時間です。機長として野外での飛行は10時間以上、夜間での飛行は5時間以上とし、機長として飛行する全時間は35時間以上である事が必要です。野外飛行の際、300キロ以上飛行した場合は途中2回以上の着陸する事を最低1回行う事が条件となります。また、夜間飛行の場合、5回以上の離着陸をする事が条件です。

その他計器飛行を10時間以上、オートローテーション着陸を最低1回クリアしなければなりません。実地試験は必ず日本で行いますが、それまでに自家用免許の取得を海外、または国内で取得しておかなければなりません。その他、機長として飛行する際に必要となる検査や免許もあります。身体検査は指定医療施設での受診で、年1回更新します。視力は各眼裸眼もしくは矯正で0、7以上、両目で1、0以上であるが必要です。航空特殊無線技士では毎年2月、6月、10月の年3回の試験が行われ、不定期で講習会も行われます。運送事業の飛行の際に必要となる航空無線通信士では、毎年2月と8月の年2回試験が行われます。航空無線通信士を取得すると、航空特殊無線技師は不要となります。

◇関連サイト◇Alpha Aviation